どうも、かっつんですm(__)m

今回は、

「パチンコ換金ギャップを期待値に反映させる計算方法」

です。

 

スポンサーサイト


 

以前にも同様の記事がありますが、
もう少し実践で使えて回転単価との
関係なども交えながらお話を進めていきます。

 

換金ギャップとは、貸玉1玉4円に対し、
交換した際4円でない場合の差額のことです。

 

以前は等価全盛でしたが、
最近は射幸心をあおるという事を理由に、

警察庁指導のもと、業界の申し合わせで、
等価禁止の地域が増えてきました。

 

等価禁止の地域は、だいたい高価交換
(28玉交換)か低換金のお店に
二分されて来ている感じです。

低換金の境目は33玉交換くらい
からだと思います。

 

ちなみに、
初心者の方にはわかりにくいので、
説明が必要だと思いますが、

33玉交換とか28玉交換というのは、
100円の景品に交換する際に必要な
玉数のことです。

 

100円分の貸玉は25玉ですよね。
なので、等価の場合は25玉で100円に
交換できるというものです。

この交換玉数を正確に把握するには、
特殊景品に交換した時に、

レシートが付いている場合、
そこに詳細が記載されています↓

 

特殊景品には、

小景品・・・ 200円相当
中景品・・・1000円相当
大景品・・・5000円相当

 

この3つの種類があります。

28玉交換のお店の場合、
レシートを見ると、

 

小景品3コ・・・ 168玉
中景品2コ・・・ 560玉
大景品4コ・・・5600玉

 

などと記載されていると思います。

この景品交換数と玉数で
正確な交換率を調べることが可能です。

ただし、注意すべき点は、
お店によって交換率が違うのと、

記載方法もお店によって異なる場合が
あるので、どのように記載されているか
実際に確認してみてくださいm(__)m

 
 

100円=何玉必要なのか?計算方法

 

で、ここで確認するのが小景品です
(別に中景品でも大景品でもOKです)。
200円で何玉かがわかります。

なので、その玉数を2で割ってやれば、
100円=何玉必要か?がわかります。

 

例)小景品3コ・・・ 168玉

この場合、168玉を小景品3コで割ると、

56玉となり、

100円=56玉÷2=28玉

つまり、100円=28玉交換、
という事になります。 

 

玉ベースでの換金ギャップの計算方法

 

100円あたりの交換率が分かれば、
次は100円当たりの玉ベースでの
換金ギャップを調べます。

 

今回は28玉交換だったので。。。

 

28玉-25玉=3玉の換金ギャップです。

 

100円=3玉 なので、
1000円=30玉
10000円=300玉 ですね?

 
 

換金ギャップを期待値に反映させる計算方法

 

では、仮に初当たりまで1万円
投資したとして、その後は持ち玉で
遊戯できたとします。

その際の換金ギャップを調べ、
実際に期待値に反映させていきます。

 

28玉交換の場合、
1万円=300玉でしたね?

 

300玉÷28玉=
10.71×100円=1071円

 

1万円投資時の換金ギャップは、
金額ベースで1071円となります。

 

この換金ギャップを1日の
予測期待値から引いてやればOKです。

 

また、期待時給を出す場合は、
稼働時間が10時間の場合、

 

1071円÷10時間=107.1円

 

期待時給から107.1円を引いてやればOKです。

 

レシートがない場合の交換率の計算方法

 

「イヤ、レシートなんてついてないんですけど、、、」

 

というお店が最近増えているようです(;´∀`)

 

この場合、実際に交換する前に、
交換する玉数を記録(メモ)しておいて、

景品交換所で交換して戻ってきたお金を
記録しておいた玉数で割っても近い数字は出ます。
m(__)m
 
 

まとめ

換金ギャップを反映させた期待値を出す場合は、
まず、

 

1)100円あたりの交換レートを把握する

 

2)100円あたりの換金ギャップ玉数を把握する

 

3)実際に現金投資した金額から、
  換金ギャップを金額ベースにして、
  実際の期待値から差し引く

 

仕事帰りのサラリーマンの方は要チェックです!

 

コレを見てもらえればわかりますが、
3時間しか稼動できないのに3万円とか
現金投資してしまうと、、、、

 

3時間稼働での合計期待値が
3213円以上ないと期待値がゼロ!

ということになりかねませんので、
ご注意くださいねm(__)m

※参考記事

パチンコ低換金店で貯玉使用上限まで打ち切った後は現金投資しない方がいい?

 

実際に稼動する際、自分のテリトリー、
つまりいつも使っているお店や、

交換率がわかっているお店の情報は
メモして記録しておき、いつでも
チェックできるようにしておきましょう。

 

換金ギャップも交換玉数ごと
(28玉・30玉・33玉など)に

100円単位と1000円単位くらいまで
稼働前にしっかり計算しておけば、
現場での負担が減ります。

しっかり事前準備した上で
稼働する事をお勧めします(´▽`*)

 

いかがでしたか?
あなたの参考になれば幸いですm(__)m

では、また更新します。

かっつん

 

追伸:かっつん流「期待値稼働」を学ぶなら、、、

 

勝ち組の基本的なパチンコ稼働スタイルは
「期待値稼働」という事になります。

僕自身もこの方法を学んで5年になりますが、
年間ベースでマイナスになったことは一度も
ありませんm(__)m

僕の期待値稼働の方法は、
基礎理論と応用を含め僕の
電子書籍で学べます。

また、この方法で学んだ人たちが
普通に勝ち組になってしまってます(;´∀`)

※参考記事

最近の勝ち組認定取得者の傾向

関連コンテンツとスポンサーサイト




 

スポンサーサイト