IMAG0854
ブログ村ランキングへ

スポンサーサイト


どうも、かっつんですm(__)m
今回は「パチンコの期待値とは?」
コレについてお話します。

さんざんこのブログでは
「パチンコで勝つためには、期待値が必要です。」
というお話をしてきました。

「いったい期待値ってなんなの?」
そう考えておられる方もいると思いますので、
簡単に説明したいと思います。

1回の大当たりの平均出玉で、
大当たりの確率分母数以上の通常回転数を
まわせて残った玉が「期待差玉」です。

「1回の大当たりの平均出玉」とは、
沖海3ミドルなら大当たり3.4回(平均連荘数)分、
つまり、54.4ラウンド分の出玉ということです。

期待差玉を確率分母数で割ると、
1通常回転で儲かる玉数が計算できます。

これが、玉単価です。
玉単価の単位は「玉」です。

玉単価に交換率をかけると、回転単価がでます。
回転単価の単位は交換率をかけているので、
「円」となります。

期待値は回転単価に今日1日でまわせる
通常回転数の予測値をかけて計算された数字となります。
もちろん単位は「円」です。

期待値は稼働中、玉単価がわかった時点で、
今日1日の仕事量の予測に使う
シュミレーション値でしかありません。

実際には、「仕事量」=「収支」です。
「期待値」=「収支」ではありません。

なので、実際には今日スタートさせた
通常回転数がかなり重要です。

稼働中に期待値を計算し、
期待値が20000円でした。
想定していた通常回転数は2000回転です。

しかし、今日1日でまわせた通常回転数が1500回転でした。
この場合、仕事量は15000円となります。
シュミレーション値と5000円もかけ離れてしまいます。

また、期待値はあくまで現時点でのシュミレーション値です。
稼動終了までしっかり稼動記録を取り、
稼動後に確定値として仕事量を出すことになります。

この際、途中の計算と大きく逸脱した
数値になっていることもあります。

つまり、期待値というのは、
稼働中に1度計算したからといって、
それで確定値にはならないということです。

では、稼働中に期待値を計算するベストタイミングは?
というと、それは「大当たり直後ごと」です。
甘デジの場合でもMAXの場合でもです。

まとめとして、一番大切なことは、

1回の大当たりの平均出玉で、
大当たりの確率分母数以上の通常回転数を
まわせて残った玉が「期待差玉」です。

コレですね。
コレがプラスじゃないと、
期待値も発生しないことになりますm(__)m

マイナスだと・・・・
えらいことになるのも想像つきますよねw

いかがでしたか?
あなたの参考になれば幸いです。

ココでかっつんから「あなた」にお知らせです

20140307182639-255S

「パチンコの勝ち方をもっとわかりやすく」を
目標にYouTube動画を増やしています。

ペースとしては毎日1動画更新を目標に
UPしています。動画は記事と連動しているので、
記事を見ながら音声動画と「読む」ことも可能です。

目と耳から情報を入れれば、
あなたの理解度もさらにUP!
僕のYouTubeチャンネルをフルに活用してください。

また、チャンネル登録していただくことで、
常に最新動画をチェックすることができます。

音声動画なのでダウンロードすれば
通勤通学中に勉強することも可能です。
興味がある方はチャンネル登録をお願いいたします!
m(__)m

  • ココ最近のUPした動画のタイトル

  • パチンコ新台は当たりやすいのか?
    パチンコで止め打ちするとどうして勝てるのか?
    1円パチンコはいくら軍資金があったら勝てる?
    パチンコで大当たりしやすい回転数は?
    パチプロが考える、土日祝日の朝一戦略(台選び)!
    パチンコ 朝一台選び
    パチンコは朝一と夕方や夜遅くに行くのでは
    どの時間帯がいいですか?
    などなど・・・

    チャンネル登録↑はコチラ
    20140307182206-161S

では、また更新します。
ありがとうございました。

ご意見・ご感想・ご質問についての問い合わせは。。
⇒コチラjusin626@gmail.com

スポンサーサイト