ブログ村ランキングへ

スポンサーサイト


どうも、かっつんですm(__)m

今回は、
「パチンコで運(ツキ)が悪い時を乗り切る考え方」
コレについてお話します。

パチンコを打っていると、「エッ!?」と思うくらい、
運(ツキ)がなくて引けないときがあります。

僕もよくありますが、持ち出しで16000発ツッコミ、
出玉で10000発ツッコんだことがありますが、
この日の負けはコレではすみません。

このときは、期待差玉で5000発ほどプラスだったので、
合計1日で31000発引き負けたことがあります。
まあ展開が悪いとこんなことも。。。。

いやいや、
こんなに引けないときはそうはないんですよ。
年に数回程度?いや、
こんなに引けないのは今年初めてですね。

エ?MAXならよくあること?
そうですね、MAXをメインで打ってる人なら
しょっちゅうかもしれません。

確率というヤツは振り返ってみると、
「あ、確率収束してるのなー」
って気がつく程度のものです。

そして、試行回数を増やせば増やすほど、
確率の収束はより正確になります。

大当たりをコントロールできると考えず、
コントロールできなくても勝てる方法が、
期待値正攻法ということになります。

運が悪いときに一番考えなければならないのが、
単価の取れる台を打っているかどうかです。

単価が取れていて運が悪い場合は、
通常回転をまわしたぶん、
仕事量を積み上げることができます。

「仕事量=収支」ですから、若干のハマリは
必要悪として受け入れなければなりません。

そうしなければ、単価の取れる台を打っているのに、
仕事量が稼げないという事態に陥ることもあります。

なかなか乗り切れない日は、
「今日は仕事量を稼ぐ日だ!」と覚悟を決めて、
無駄なく効率的に通常回転を多く
まわすことをに意識を傾けます。

これである程度の運の悪さは、
「運が悪い」という感じではなくなると思います。

しかし、最初にもご紹介したようなツキの悪さに
襲われることもあります。

ツイツイ「遠隔?」とか考えてしまうこともあります。
しかし、こんな状態は早々続くわけではありません。
いずれイヤでも連荘してしまいます。

この稼動の後は期待値どおりに収束しています。
このように、期待値稼動でドカ負けを経験し、
それでも信念を貫いた人だけが乗り越えられる世界です。

あなたが現実にこの期待値の収束を体感することが、
何より運の悪さを克服していく原動力になります。

僕もそうですが、ツキ勝ちした翌日より、
ツキ負けした翌日の方が意気揚々とパチ屋へ迎えます(笑

いかがでしたか?
あなたの参考になれば幸いですm(__)m

ココでかっつんから「あなた」にお知らせです

20140307182639-255S

「パチンコの勝ち方をもっとわかりやすく」を
目標にYouTube動画を増やしています。

ペースとしては毎日1動画更新を目標に
UPしています。動画は記事と連動しているので、
記事を見ながら音声動画と「読む」ことも可能です。

目と耳から情報を入れれば、
あなたの理解度もさらにUP!
僕のYouTubeチャンネルをフルに活用してください。

また、チャンネル登録していただくことで、
常に最新動画をチェックすることができます。

音声動画なのでダウンロードすれば
通勤通学中に勉強することも可能です。
興味がある方はチャンネル登録をお願いいたします!
m(__)m

  • ココ最近のUPした動画のタイトル

  • パチンコ新台は当たりやすいのか?
    パチンコで止め打ちするとどうして勝てるのか?
    1円パチンコはいくら軍資金があったら勝てる?
    パチンコで大当たりしやすい回転数は?
    パチプロが考える、土日祝日の朝一戦略(台選び)!
    パチンコ 朝一台選び
    パチンコは朝一と夕方や夜遅くに行くのでは
    どの時間帯がいいですか?
    などなど・・・

    チャンネル登録↑はコチラ
    20140307182206-161S

では、また更新します。
ありがとうございました。

ご意見・ご感想・ご質問についての問い合わせは。。
⇒コチラjusin626@gmail.com

スポンサーサイト