ブログ村ランキングへ

スポンサーサイト


どうも、かっつんですm(__)m

今回は、「1円パチンコと4円パチンコ、
勝てる可能性はどっちが高い?」
これについてお話していきます。

もう結論から先に言っちゃいましょうかね?

よく、「勝率を気にして1パチに逃げる」
という話を聞きますが、
残念ながら1パチに逃げても期待値がなければ
いくらやっても勝てませんよ、

という話なんです。

つまり、
期待値が高い方が勝ちやすいということになります。
しかしコレだとまた誤解する人がいるので、
もう少し厳密に言いましょう。

「玉単価」が高いほうが勝率が高いです。

玉単価とは回転単価を出す手前です。
回転単価は玉単価に交換率をかけると思います。
その前の段階の、「玉単価」です。

パチンコ初心者の人はちんぷんかんぷんだと思うので、
以下、読み進めてください。徐々に見えてきます(笑

同じ機種を打つ場合で考えれば、

1円パチンコの期待時給500円の台と、
4円パチンコの期待時給2000円の台とでは、
勝率はまったく同じ

ということです。逆に言うと、

1円パチンコの期待時給500円の台と、
4円パチンコの期待時給500円の台では、
1円パチンコの勝率は4円パチンコの4倍です。

確かに1000円で1000玉打てるわけですから、
資金が4分の1ですむと考えがちですが、
そもそもそれが間違っています。

1パチは1000円で1000玉打てるから
勝ちやすいとかは「都市伝説」です><
「1000円あたり」という言葉に
だまされてはいけません。

パチンコはレートが変わっても玉単価で見なければ、
いつまでたってもパチンコの本質がわからないまま
勝てない状態が続くことになります。

1円パチンコでも4円パチンコでも、
1スタートさせた場合、
機械の中での大当たり処理は同じ1回転です。

大当たり確率100分の1の機種なら100回
通常回転させると平均して、1回の初当たりを
得られるというスペックになります。

これは1円だろうが4円だろうが変わりません。
パチンコ台から見れば4円だろうが1円だろうが
関係ありません。

250玉の打ち出しは250玉でしかなく、
1000玉の打ち出しは1000玉でしかないのです。

そうなってくると、「1000円で何回回るか?」
では本質がぼやけます。
そこで、パチンコ台から見た基準に合わせます。

つまり、
パチンコで支出関係を見ていくときは、
「1通常回転させるのに必要な玉数」
という単位みていかなければなりません。

1000円当たりの回転数というのは、
現状で僕にはあまり意味のないものです。
そもそも回転率の概念はいわゆるボーダー理論に起因した考え方です。

千円あたりのボーダー回転数以上回れば勝てる台を
すばやく見極めるために考案されたものです。

しかし、出玉を完全に無視したボーダー理論が
お店の対策で完全に通用しなくなっている現状で、
その状態が続いて数年がたとうとしています。

一時はコレで勝てた時代もあったようですが、
現状では回転率がボーダーを越えている台でも、
把握しずらい出玉関係でガッツリ削られて
単価が取れない台を僕はいくつも見ています。

こういう状況だと、
現場で把握しなければならないデータは
回転率やボーダーではなく、

「1通常回転させるのに必要な平均玉数(支出)」
と、「1ラウンドあたりの平均出玉数(収入)」を
しっかり把握することが求められます。

これができれば、この店の調整傾向をしっかり
把握することが可能ですし、結果的に期待値も
手計算で簡単にできます。

あ、すいません、「簡単」と書きましたが、
初心者の方や現状で稼動履歴を詳細に
記録していない方には若干難しく感じるかもしれません。

しかし、やることをやらなければ勝てないのも
コレ現実でして、やれた人だけが生き残る
低時給時代はすぐ目の前まで来ています。

で、「1通常回転させるのに必要な平均玉数」と、
「1ラウンドあたりの平均出玉数」が
しっかり把握できれば「玉単価」が出せます。

玉単価に1時間当たりの平均通常回転数をかけ、
それに交換率をかければ期待時給が出せます。

また、玉単価に実際にまわした通常回転数をかけ、
交換率をかければ仕事量が出せます。

仕事量と期待値は「玉単価」がベースになります。
よく、動画で僕が「単価2.5とれれば。。。。」
みたいな話をしているこの「単価2.5」というのが「玉単価」です。

玉単価に交換率をかければ、
「回転単価」が出せます。
よくプロが言われる「単価」というヤツです。

僕は現場で玉単価を出すところまでは
必死こいてやります。

単価がわかればいつも使うお店がほぼ同じなので、
それ以降を計算する必要がないからです。
現場で行う計算は少ないに越したことはありません。

「じゃあ、期待値計算ツールを使えばいいじゃん」

たしかに期待値計算ツールは便利に思えますが、
結局ツールに入力する数値を計算してまとめて
入力することになります。
(総通常回転数、総出玉などですね。)

これらは結局まとめておかなければなりませんし、
1回の大当たりの平均値を入力しろとか言われれば、
「結局総出玉÷大当たり回数」みたいな余計な計算が必要になります。

また、アタッカーの出玉の把握、
電サポ中の玉の増減まで把握する必要があります。
これははっきり行って面倒です。

僕は、「新くろべえのパチンコ塾」の教材で
学んだ方法と、実際のガチプロ稼動を間近に見て、
さらに毎日10時間稼動を実践して煮詰めたやり方だと、

電サポ中の出玉の増減は、
「減っているか?増えているか?」
だけがわかればいいという程度ですみます。

最終的には電サポ終了時でどれだけの出玉になったか?
コレがわかれば問題ありません。
それで期待値の把握は正確なのか?

めっちゃ正確です。
タイトな稼動でも誤差はほとんどありません。
これまで9ヶ月間の僕の稼動はまさにこの計算方法によって支えられています。

では、まとめます。

1円パチンコでも4円パチンコでも
勝率にこだわるなら玉単価の高い方が
勝率は高くなります。また、
安定感も当然玉単価が高い方がより安定します。

パチンコは玉のやり取りです。
お金のやり取りで見てしまうと本質を見失います。

いかがでしたか?
あなたの参考になれば幸いですm(__)m

00aa04

完全無料でパチンコで毎月3万円勝つ方法が学べるバイブルが完成!
無駄な立ち回り論や稼ぐために必要のない知識を完全にそぎ落とし、
早い人なら最短2ヶ月で稼げるレベルへ!
しかも全編完全動画で初心者でもわかりやすく解説!
かっつんのパチンコメルマガ教材!登録はコチラ

ココでかっつんから「あなた」にお知らせです

20140307182639-255S

「パチンコの勝ち方をもっとわかりやすく」を
目標にYouTube動画を増やしています。

ペースとしては毎日1動画更新を目標に
UPしています。動画は記事と連動しているので、
記事を見ながら音声動画と「読む」ことも可能です。

目と耳から情報を入れれば、
あなたの理解度もさらにUP!
僕のYouTubeチャンネルをフルに活用してください。

また、チャンネル登録していただくことで、
常に最新動画をチェックすることができます。

音声動画なのでダウンロードすれば
通勤通学中に勉強することも可能です。
興味がある方はチャンネル登録をお願いいたします!
m(__)m

  • ココ最近のUPした動画のタイトル

  • パチンコ新台は当たりやすいのか?
    パチンコで止め打ちするとどうして勝てるのか?
    1円パチンコはいくら軍資金があったら勝てる?
    パチンコで大当たりしやすい回転数は?
    パチプロが考える、土日祝日の朝一戦略(台選び)!
    パチンコ 朝一台選び
    パチンコは朝一と夕方や夜遅くに行くのでは
    どの時間帯がいいですか?
    などなど・・・

    チャンネル登録↑はコチラ
    20140307182206-161S

では、また更新します。
ありがとうございました。

ご意見・ご感想・ご質問についての問い合わせは。。
⇒コチラjusin626@gmail.com

00aa04

スポンサーサイト