今回はパチンコ屋に行く時間帯で、
有利不利があるのか?について

お話ししていきますm(__)m

 

パチンコ初心者のあなたにとって、
コレはかなり迷うところですよね。

 

朝と夕方と夜で、
少し状況を整理してみましょうか。

 

朝の場合

 

状況
開店直後は誰も打っていない

 

メリット

  • 自分の好きな機種や狙い台を確保できる。
  • パチンコなら、良調整の台の確保が可能。
  • 朝一ランプを確保できる可能性がある。
  • スロットなら、朝一リセット狙い稼動、
  • 宵越し天井狙いのハイエナ稼動ができる。
  •  

    デメリット
    人気機種などの場合、早めに並ばなければならない。

     

    夕方の場合

     

    状況
    すでにある程度客が入っている。

     

    メリット
    パチンコ・パチスロともハイエナ稼動ができる。

     

    デメリット

  • 客が多く、台を選べない。
  • 曜日によっては空き台がまったくない状況もありうる。
  •  

    夜(20時以降の場合)

     

    状況
    朝から参戦の人、仕事帰りの夕方参戦組みが帰り始める時間帯。

     

    メリット

  • 空き台が増え始める。
  • 自分が好きな台や、人気機種も空きが出て、打てる可能性もある。
  • ハネモノ(普通機)ならデータランプなどで履歴のいい台を物色し、良調整の台を打つことができるかもしれない。
  • デジパチでプロが打っていたと思われる台を実際に打つことができるかもしれない。(プロかどうかは目視確認するしかない。ねらい目時間は19時~20時の間)
  • 閉店間際では、パチスロの宵越し天井狙いの下見ができる。
  •  

    デメリット
    閉店時間まで時間がない。

     

    一番お勧めなのは朝一!

     

    各時間帯の状況とメリット、
    デメリットを簡単にあげてみましたが、
    ヤハリ朝一番に行くのがいいですね。

     

    なぜ朝一がいいのかというと、

    パチンコなら朝一ランプと、
    良調整台狙いのどちらも確保できる
    可能性が高いことです。

     

    朝一ランプは前日の潜伏確変中の台が
    そのまま残っている台の事を指します。
    実際に朝一ランプが点灯しています。
    ※詳しくはコチラ

    朝一ランプとは?(パチンコ)

    パチンコ朝一ランプ(画像・位置)まとめ


     

    そして、パチスロにおいても、
    宵越し天井狙いの稼動、
    朝一リセット狙いも可能です。

     

    朝一リセット狙いの稼動の場合、
    高設定が入るお店なら、

    高設定かどうかリスクを少なく
    しながら見極めることもできます。

     

    天井狙い稼動後、
    そいう立ち回りも併用すると、

    武器が増えるので結果に結びつきやすい
    のではないかと思います。

     
     
    いずれにしても、パチンコ・パチスロで
    稼ぐということを第一に考えるのであれば、

    朝一が一番有利で、時間と共に不利に
    なっていくと考えた方がいいです。

     

    変則型のお仕事で、夕方から出勤、
    昼の2時くらいから出勤なら、
    朝一を中心に稼動することをお勧めします。

    ※参考記事

    パチンコ 朝一台選び(土日でもパチンコで勝てる方法)

    パチンコの立ち回りはハイエナが一番いいのか?

     
     

    夜の稼働は翌日の下見として有効か!?

     

    夜もメリットが多いですかね。

    しかし、内容を見てもらえばわかりますが、
    翌日以降の稼動に活かすための下見や、
    自分のための技術向上のためのメリットが多く、

     

    実収支に直結する可能性があるのは、
    ハネモノやパチスロのハイエナくらいで
    しょうか。

     

    パチスロのハイエナ稼動の場合、
    この時間帯からだと誤爆したときに
    取りきれないリスクもありますね。

     

    夕方はどうでしょうか?
    パチンコ・スロット共にハイエナくらいしか
    実収支には結びつきそうなものはないです。

     

    期待値が入っている台が夕方からでも
    確保できればそれに越したことはないですが、

    基本的には朝一以上に競争率が高く
    なっていることを認識しておかなくては
    なりません。

     

    パチンコを副業として第二の収入源とする考え方

     

    少し余談ですが、ここで皆さんに
    お伝えしたいことがあります。

    「パチンコは副業で収益化するのが一番トータルで儲かる」

    という事実です。

     

    パチンコはどちらかというと、
    刈り取る稼ぎ方で狩猟民族型です。

     

    期待値のある台を刈り取ればいいだけなので、
    収入になるのは早いですが、

    刈り取れなくなると速攻で終わってしまいます。
    そしてそのときは突然やってくるということです。

    なので、専業のパチプロはかなり厳しいですね。

     

    サラリーマンで副業でパチンコをやる場合、
    本業があるので、パチンコで稼げない
    時期が来ても、慌てる必要がありません。

     

    つまり、収入が安定しているので、
    稼げなくても精神的に追い詰められる
    こともないです。

     

    もし、パチンコで勝ち組を目指して
    いるのであれば、サラリーマンとはいえ、

    こんなご時世ですからもしものことを考え、
    本業が安定しているうちに、

    第二の収入源として、パチンコでの収益化に
    取り組んでおくのもいいのではないかと
    思いますm(__)m

     

    実は僕自信、正社員だったとき
    突然リストラされました。

     

    かなりきつい営業の会社だったのですが、
    それなりに成績も出していたのに、
    いきなりのリストラです。

     

    結局、会社は会社の都合で、
    事業を拡大したり縮小したりするわけで、

    その大きな荒波に乗みこまれてしまえば、
    一社員の会社への貢献度や成績などは
    何の効果も有りません。

     

    僕の場合もひとたまりもありませんでした。
    その事業に従事していた従業員300人が
    問答無用で段階的にクビです。

     

    「めちゃくちゃだ!」という話ですが、
    世の中にはそういう話は吐いて捨てるほど
    ありますし、リストラとはそういうものです
    m(__)m

     

    自分にだけそのような火の粉が
    降り注がれないという保障はありません。

     

    最近は替えが利くような仕事ばかりが
    増えていますから、正社員であろうが
    突然のリストラは対岸の火事ではありません。

     

    趣味でパチンコを打っている、
    稼ぐためにパチンコを打っているなど、

    貴方もパチンコを打っている
    理由があると思います。

     

    仮に仕事帰りの息抜きであったとしても、
    毎月財布からお金が消えていくのは、
    ちょっと寂しい感じがしますよね(;´∀`)

     

    出来る事なら、将来の事を考え、
    少しでも収益化でもできればいいのにと
    考えるのは当たり前のことだと思います。

     

    ただ吸い込まれていくだけではなく、
    逆に積み上がっていく稼働ができれば、

    今よりずっと楽な状況になるのではないか?
    と思います。

     

    そう考える方は貴方だけではありません。
    趣味のパチンコを第二の収入源にした人達は
    実際に存在します。

     

    ※僕の教材で学んで成果を出した人たち。
     皆サラリーマンです(´▽`*)

    最近の勝ち組認定取得者の傾向

     

    新しいことを始めるとき、
    最も重要なのは、初めの第一歩です。

     

    そして、具体的に何から始めればいいのか?

    そういったことを「知る」必要があります。
    その知るべきことは
    僕の電子書籍で知ることができます。

     

    もし勝ち組を目指すのであれば、
    実際にサラリーマンでも成果が出せる
    方法論を取り入れてみるのが
    いいかもしれませんね(´▽`*)

     

    サラパチ講座1

     

    サラパチ講座2

     

    参考にしていただければ幸いです。

    かっつん

    スポンサーサイト