OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ブログ村ランキングへ


どうも、かっつんですm(__)m

今日は、
「パチンコで大当たり確率の倍以上ハマる確率は?」
これについて、お話していきます。

パチンコを打っていくなかで、
もっとも気になるのが、
「いつ大当たりするのか?」ですよね?

そして、すぐに当たらないのであれば、
当たらないリスクとして、倍ハマリ以上する確率も、
初心者としては抑えておきたい、

そう考えるのは人情ですねw
ということで、パチンコの場合で、
スペックごとの大当たり確率で倍以上ハマル確率を出してみました。

  • 大当たり確率1/99の遊パチ(甘デジ)の場合、36.69%

  • ※倍ハマリなので、198回転以内に当たらなかった確率です。

  • 大当たり確率1/199のライトミドル機の場合、36.74%

  • ※倍ハマリなので、398回転以内に当たらなかった確率です。

  • 大当たり確率1/350のミドル機の場合、36.76%

  • ※倍ハマリなので、700回転以内に当たらなかった確率です。

  • 大当たり確率1/399のMAX機の場合、36.76%

  • ※倍ハマリなので、798回転以内に当たらなかった確率です。

残念な結果ですねw
どのスペックでも初当たりの3回に1回は
倍ハマリすることがわかってしまいましたm(__)m

コレを見ればなおさらなんですが、
少ない投資額でなんとか大当たりすれば、
あなたが儲かる可能性はかなり高まりますね。

「結局のところはヒキがものをいう!w」

だから、なるべく大当たりしやすい台を
お店に設置されたデータロボなどを使って分析して、
大当たりの周期データのグラフを見て、

あーでもない、こーでもないとあれこれ考えて
打つことが求められます。そして、
研究すればするほど、究極の攻略法が見つかるはず!

こういう感じでパチンコ初心者の方は考えていると思います。

実は、僕はこの究極の研究結果を知っています。
その結果とは、試行回数を重ねれば重ねるほど、
大当たりの周期は、大当たり確率に収束していくということですm(__)m

しかし、これは結果でしかなく、
未来を予測するデータではないということです。
つまり、結果論です。

あなたがスタート回数と大当たりの関連性を攻略法すれば、
大当たりしやすいパチンコ台を割り出せるのではないか?という考えは、
あなただけが気がつくことではなく、一般的な日本人の考え方です。

日本人は、その民族性ゆえに、「絶対」とか、
「必ず」とかいう考えが先にたちやすい民族といわれています。
それゆえ、これまでジャパニーズブランドは世界から絶大なニーズがありました。

日本の企業が作る商品には、「絶対~しない」とか、
「必ず~なる」など、その商品の性能や、
不良品に対する考え方が究極の粋に達しています。

それゆえ、コレまでは日本製品を買えば、
若干割高でも買う価値があるとされてきました。
しかし、グローバル化した現在では、そのような考え方ではなく、

値段との折り合いの方が重視されるようになっています。
つまり、完璧(高性能)な商品でなくても、
機能さえ発揮してくれれば、安くても買うよ!

というのが、日本人以外の気質だったりするのです。
これまでのジャパニーズスタンダードが崩れ、
新興国の安い商品でも、機能さえ満たしてくれればいいというニーズを掘り起こされて、

今日本の企業、特に製造業は苦戦しています。
この、最悪の状況を想定したものの考え方は、
アメリカの新幹線の受注の話でももてはやされました。

アメリカの電車の規格は、とにかく「頑丈」です。
よく、ハリウッド映画で暴走電車があらゆるものをなぎ倒していく
シーンなどを見たことがあるかと思います。

あれは、アメリカでは当たり前の考え方で、
線路の上でトラックが立ち往生することも想定して、
列車のボディーの頑丈さの規格を作っているのです。

かたや日本の新幹線はスピード重視で事故を「絶対」しない、
という考えなので、頑丈ではないですし、
しかも、事故を絶対にしないということを担保するため、
高架にしなければならないという有様です。

つまり、パチンコで継続的に勝つためには、
アメリカ人的な考え方が必要ということになります。
つまり、負けてるけど、勝ってるという不思議な状況です。

確立が収束することを逆説的に使うことで、
パチンカーのごく少数派のパチプロは今日も勝ちしのいでいます。

僕のブログでは、あなたでもしっかり勉強すれば、
「パチンコで勝つ方法」をマスターすることができるよう、
無料で勝ち方を公開しています。

いかがでしたか?
貴方の参考になれば幸いです。

かっつん

関連コンテンツとスポンサーサイト



スポンサーサイト