okiumiama02
(C)SANYO ブログ村ランキングへ

どうも、かっつんですm(__)m
今回は「パチンコの新台は当たりやすいのか?」
について詳しくお話していきます。

「パチンコの新台」というのは、
そのお店に「新しく導入された台」のこと「すべて」を指します。

なので、メーカーが決めている初導入日からかなり
遅れてそのお店に導入された台でも、
初めての導入ならすべて新台ということになります。

去年(2013年)いつもお約束の素通りのお店で、
プチリニューアルがあり、
「新台大量導入!!」とのぼりがたっていました。

ついにやる気になったか?とw
この店もついに借金してでも客を呼び込もうと本気になったか!?
と、こっちも鼻息荒くヤル気になって乗り込んでみたものの、

ふた開ければ大海2の大量導入でしたw
しかも半島のみw「え!?」みたいなw

「海物語が大量導入」といえば、
沖海3でしょ?!みたいなwそういうこともあるので、
初心者の方は予備知識として押さえておきましょう。

お店は促販目的で新台入替のイベント打ってきます。
まず、初心者の方は、新台入替のイベントは、
客を呼び寄せるためだということを押さえておきましょう。

では、題名の、「新台は当たりやすいのか?」

ですが、パチンコで勝つ方法を熟知していない方だと、
「当たり安い」の定義がおそらく、
少ない投資金額で大当たりを引くということだと思います。

しかもその後、超絶猛爆モードに突入し、一気に万発オーバー!!
「俺、チョ~~~すげぇ!!」
みたいなことをご想像されていると思いますm(__)m

当たりやすいかどうかはその日の運にかなり左右されていしまいます。
デジタル機のパチンコは、基本的に初あたりの大当たり確率が決められていますが、
その確率内に必ずあたりが来るというものではなく、

毎回、その確率分母分のサイコロを振って抽選しています。
なので、一番大当たり確立が低い遊パチ(甘デジともいわれます)でも、
1/99の確率ですので、99面体のサイコロを毎スタートごと(デジタルが回転するたびに)
振って抽選していることになります。

なので、「新台だから当たりやすい」とか、
「新台だから勝てる」ということはありません。
ただ、あなたの運がよければ、勝てることもあると思います。

しかし、デジパチの原理原則として、「当たりやすい回転数」や、
「周期的にコレくらいで当たるだろう」というのは統計学上ありえないです。

僕の経験上、初心者の方が一番最初にパチンコの攻略として考えるのは、

スタート回数と大当たりの関係をグラフ化した周期、
つまり波を呼んで少ない投資金額で大当たりを当てようと考える攻略です。

試みるのもいいのですが、結果は見えていて、
うまくいくときもあれば、ぜんぜんダメなときもあります。
つまり、攻略にはならないということです。

別に波を読まなくても当たるときは当たるのです。

これは、確率分母がもっと少ない、6面体のサイコロなら、
まだ確率の収束が早いので1日でも確率の範囲内に
収まってくると考えられます。

しかし、パチンコだけでなくパチスロでもそうですが、
確率分母が3桁なので、
収束には1日以上の試行回数が必要になります。

遊パチ(甘デジ)でもツキ指数100%になるのに、
僕の実戦経験で週5日、1日3時間稼動で2週間くらいですね。

運がいい人だと、もっと収束は早いですし、
運がよすぎるとツキ指数が突き抜けてしまって、
かなりのツキ勝ち状態になります。

「ツキ勝ち最高じゃん!」
って思ってしまいがちですが、
そう、うれしいものでもなかったりします。

良くも悪くもパチンコは確率抽選なので、
試行回数が増えれば増えるほど、
大当たり確率に実際の大当たり確立が収束していくことになります。

つまりいずれ、確率が収束してツキ勝ちした分は
お店にお返ししなくてはならなくなるということですね><w

確率とはそういうものなので、
ツキ勝ちしたからといって、
あまりうれしいものではないということですm(__)m

では、なぜこの世にはパチプロなる人たちが存在するのか?
実はその確率の収束を使ってパチンコを攻略しています。
僕もその方法を使ってパチンコで勝つ方法をマスターしました。

無料で僕のブログではパチンコで勝つ方法をお伝えしています。
右のカテゴリーから、「パチンコで勝つ方法」というのがあるので、
パチンコで本気で勝ちたいと思う方、すべて読んでマスターしましょう。

初心者が陥りやすい症状も含めると、50記事くらいあります。
無料で公開してるので、そちらでしっかり勉強すれば、
あなたもパチンコ勝ち組ですね!^^

いかがでしたか?
貴方の参考になれば幸いです。

かっつん

関連コンテンツとスポンサーサイト



スポンサーサイト



>