§^c0f0D0‹0sY'`
ブログ村ランキング

どうも、かっつんですm(__)m
「パチンコ初心者が陥りやすい症状」と題して、
シリーズで連載しています。
byouki01

今回も「いつも同じ店で打ってますが、なにか?」(症状7-3)
この症状について、お話していきます。
前回までは、「そもそもなぜその店を選んだのか?」について。
そして、「優良店かどうかは、貴方が見極める」というお話をしましたね。

自分の足で稼働地域の調整動向を見極めていく。
結局は自分でお店を見極めていく力をつけなければならないというお話をしました。
で、今回は・・・

優良店かどうかは、貴方が見極める

a0001_014547

(3)お店に入ってからチェックすべきこと

0dansei01
「自分で見極めるって言ったって、俺ど素人で、
何をどう見極めればいいか解らんww」

確かにそうですよね、最初はわからないと思います。
僕も何気なく雰囲気とかでしか見てませんでしたからw

まず最初は何気なくでもいいです。
ヘソのサイズを全台ざーーーーーーっと見て行きます。
最初はそれだけで大丈夫です。

勘違いしてほしくないのは、
コレだけで勝てるようになるわけではありません。
まず、経験を積んでいかないといけないのです。

期待値の把握は回転率の把握から始まります。
そのための1ステップに過ぎません。闇雲の打つより、
ヘソサイズがより大きい釘調整の台から試し打ちしていくのは当然のことです。

このヘソサイズはお店によって違います。
毎日数店舗見ていくことで、なんとなく「あれ?」という感覚が身についてきます。
そして、同じ店舗内でもヘソ釘のサイズが違うことに気がついてきます。

たとえば、甘デジとMAX機でのヘソサイズの違いとかです。
だからといって、まじまじと見てはいけません。
普通に歩きながらパチンコ全台のヘソ釘を1台1台高速で見て行きます。

kuroyuri04
パッパッパッと写真を取るように見て行きます。
同じ機種ならほとんど変わりません。
変わらないのはわかっているんですが、最初はやってください。

同じだということにも気がついてほしいからです。
バラエティーコーナーなんかだと機種が変わるのと、
スペックがごちゃごちゃなのとで全台ヘソサイズが違って見える場合もあります。

それでもパッパッパッと写真を取るように見て行きます。
これを早い人なら2週間くらい続ければ、
お店によって、機種によってのヘソサイズの違いなどがなんとなく解ってきます。

サイズの違いでどれくらいの回転率になるのかを
チェックするには実際に打ってみるしかありません。
ココで始めて打ってみるということになります。

もちろん、資金に余裕があれば、1ヶ月見て回ってからといわず、
気になるヘソサイズを見つけたらすかさず打ってみるのでもいいです。
こうして、気になるヘソ釘サイズの台を打つ癖をつけてください。

闇雲に絶対打たない^^; そして、慣れてきたら、打つ前に、
「このサイズならこのくらいの回転率かな?」と予想してから打ってください。
これでだんだんヘソ釘サイズと回転率の感覚が養われてきます。

a0001_003697
この調査稼働で得られた情報は貴方だけが持つ貴重な情報です。
そして、貴重な第一歩になります。
そこから、お店の優劣を見極め、自分の稼働に活かして行くのです。

誰かに指示される出なく、誰かに教えられる出なく、
自らの判断と決断で収益を生み出していくって、
わくわくしませんか?^^

もちろん、基礎的なことは僕のブログや色々な教材で勉強するわけですが、
しかし、所詮は基礎的なことで、結局のところは自分の稼働地域に基礎理論を当てはめて
収益が出せるかどうかの判断を自分でやらなければならないのです。

それができなければ、収益を継続してあげ続けることはできないと思いますm(__)m
厳しいようですが、しかし、結果を急がなければ、
継続することでちゃんと収益を上げれるようになります。

hennka01
パチンコはライバルも少なく、
まだまだリーマンパチンカーの活躍する余地は
十二分にあると感じています。

話がそれましたが、店回りを重点的に行いながら、
ヘソ釘の調整をチェックしながら釘読みレベルとできれば交換率も調べる。
1店舗だけでなく、数店舗単位で、毎日やってみてください。

もちろん、毎日が無理なら、できるときでけっこうです。
大切なのは継続することなので、負担にならない程度に続けることです。
ただ、行動に移せない人もいると思います。

だからこその、店周りです。
店周りはお金がかからないので、
軍資金が少なくてもできます。

okane01
しかし、資金が溜まったときにすぐに打ってみたい、
試したいお店があるという状態にしておくことで、
少しずつですが目標に向かって前進していますよね?^^

これがモチベーションを保つ秘訣でもあります。
自分の行動を結果だけで見ず、
レベルに合わせた成長過程で見ていくことも必要です。

「稼働しないと時間がもったいない」、
「期待値ばかり計算している人は結果が出ない」というのは、
パチプロとなった人が、結果を出せていないセミプロに対して言う台詞です。

初心者の人や負けてる人が真に受けてはいけません。
どんな世界でも勝負事には相手がいます。
たとえパチンコ台が機械でもその機械に設定を施すのは人間であることを忘れてはいけません。

パチンコは、人間(パチンカー・客)と人間(店舗・店長)の戦いなのです。
つまり、相手を分析してから勝負に出るのが兵法の常道です。
そして、自分が未熟であることも認めなければなりません。

これはパチンコ暦が長いと屈辱的ですが、
しかし、トータルで勝つためには、
もはやプライドなどというものは何の役にも立ちません。

なぜなら、気合やプライドで運をコントロールすることはできないからです。
「彼を知り己を知れば百戦危うからず」
孫子の兵法でもっとも有名な格言です。

「敵を知り、己を知れば百戦百勝できる」という意味です。
「パチンコ屋の調整を見極め、自分の知識度・技術・経験を把握していれば、
期待値がマイナスで終わることは無い」と読み替えることができます。

a0960_002392
サラリーマンは収入があるので別に無理してパチンコを
しなくても生活できています。だから、基礎的な知識の吸収と
偵察稼働による稼働地域の情勢分析を先にやったほうが絶対いいです。

今の僕なら、今年の4月頃の僕にのりまる師匠言われたとおり、
「無理して稼働せず、いろいろな店を回ってみてみたら?」
とアドバイスしますね^^;

では、次回に続きます!m(__)m

ご意見・ご感想についてのお問い合わせは
⇒コチラjusin626@gmail.com

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ
にほんブログ村ランキングへ


パチンコ ブログランキングへ