0top02
ブログ村ランキング

どうも、かっつんですm(__)m

パチンコ初心者が陥りやすい症状シリーズと題して、連載しています。
今回からは「ナゼ俺はいつも引き際が悪いんだ!wと悩んでませんか?」
この症状についてのお話です。

byouki01

引き際が悪くて悩む人の根本原因とは?

0dansei01

連荘後の即ヤメができず、いつもずるずる引きずるAさんの悩み。
今日はたいした投資額もせず、快調に朝から連荘して持ち玉遊戯している。
5箱出したが、すでに3箱使っているが当たりはなし。

イヤな予感が脳裏をよぎるが、大当たり確率99分の1の甘デジだし、
すでに回転数は200回を超えている。
いくらなんでももうそろそろあたりが来るはず・・・

そう思って気がついたら残り2箱。
さすがにもう当たるだろ?予測というより願いに変わるw
残り1箱。え?なんであたらないの?甘デジでしょ?いやいやいや、ありえんしw

ココで止めて、オカマ掘られるのもイヤだしなw
とりあえず、最後の1箱投入wイヤな予感的中w持ち玉壊滅・・・orzw
なんで?完全に引き際間違ってるよね?w

本当は悩む必要なんて無いの!?

bikkuri01

このような体験は初心者の方には多いかと思います。
しかし、本当に引き際が悪いのかどうかについては、
稼働データから判断する必要があります。

稼働データから、回転率と出玉を計測し、
単回転収支を出してみて始めて期待時給が割り出せます。
その期待時給が自分の目標時給を上回っているかどうか・・・

これで初めて止めたほうがいいのか、続けるのかの判断ができます。
連荘即ヤメが必勝パターンの王道ではないのです。

そこで悩む必要はありません。初心者の頃にはよくある勘違いです。

逆に連荘後即ヤメする癖というのがあります。
また、終日稼働で2万くらいの期待値があるのがわかっていて、
2万円分の出玉が出た時点で即やめする人も当てはまります。

こういうのはかなり危険です。期待値というのは通常回転についてくるので、
しっかり出玉があるときは回すべきです。しかも換金ギャップがある店なら、
なおのこと持ち玉があればすべて打ちきるつもりでなければなりません。

引き際が悪いと思ってしまうのは、
あなたにとってパチンコ稼働の良し悪しの判断が、
1日の稼働の収支で判断しているからです。

だから勝てるときには勝ち逃げしろという考え方になるのだと思います。
しかし、長いスパンで見ると、パチンコでの勝ち負けは理論上の差玉で決まります。
理論上の差玉とは期待値のことです。

期待値がプラス圏であれば、内容的には負けていないので、
その内容を積み重ねていけば、おのずと勝てるはずです。
パチンコには勝ち方というのがあります。

これは仕事量を積み重ねていくことなんですが、
その積み重ねにはサラリーマンの場合、3ヶ月ほどかかってしまいます。
(効果が現れる目安として、200時間の稼働が必要です。)

1日の勝ち負けにこだわってると、
内容が良くても仕事量がつみあがりません。
なのでもっと時間がかかってしまいます。

大切なことはパチンコの勝ち方の全体像を最初に押さえることです。
これによってどれだけの期間で、どれだけの予算を使い、
どれだけの収益を上げるかを割り出して稼働します。

そのときの指標が期待値です。初心者の方はまず、
全体像を捕らえ、ギャンブルをしないことが重要です。
そして、引き際=ヤメ時の判断基準を明確にしましょう!

では、次回へ続きます!m(__)m

ご意見・ご感想についてのお問い合わせは
⇒コチラjusin626@gmail.com

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ
にほんブログ村ランキングへ


パチンコ ブログランキングへ