cropped-image4.jpg
(C)SANYO にほんブログ村ランキング

どうも、かっつんですm(__)m
このブログでは、パチンコで勝つ方法(台選び・コツ)を
中心に記事を作成しております。

で、今回は前回(「なぜ、パチンコ台を選ぶとき、釘を見なければならないのか?」
からの続きになります。

釘読みの話がお預けになっていますね^^;
しかし、コレに関してはあせる必要は無いです。
1週間やそこらで、見た目の幅で、回転率がすぐに把握できるわけも無いのでw

じっくりいきましょう^^

bakansu01

では、前回の続きですね。
釘を見て台選びをする理由は、
「その台が最終的にプラス収支になるかどうかを判断するため。」

というところまで、説明しました。
では、具体的にどうなればプラス収支になるのかというと、
「投資額が配当額より少なければ、収支はプラスになる」でしたよね?

では、投資額とは何のことかというと、
「大当たり確率400分の1の確率なら、
400回分スタートさせるのに必要な平均的な投資金額」
となります。

今日はこの、「投資額の出し方(回転率の出し方)」について、掘り下げてみたいと思います。
0riten01
大当たり確率400分の1の機種で説明します。
例えば、4円パチンコ(1玉4円)で、

1000円投資して、平均して20回スタートする台を打っていたとします。
これだと、400回 ÷ 20回 = 20 
つまり、20 × 1000円 = 20000円

400回スタートさせるのに必要な金額は、20000円となります。
パチンコでは、この1000円あたりの回転数のことを、
「1000円当たりの回転率」というふうにいいます。

また省略した書き方だと、
「この台は、回転率20/k(kは1000円ということ)」という書き方をします。
ちなみに、4円パチンコで貸し玉を1回押すと、大抵500円分の玉が貸し出されます。

玉数は125玉です(500円÷4円=125玉)。
さらに、1000円での貸し玉数は250玉です(1000円÷4円=250玉)。
manabu01
では、いきなり質問です。

Q1:回転率20/kのとき、1回転させるのに必要な玉数は何玉でしょうか?
Q2:回転率20/kのとき、1回転させるのに必要投資金額はいくらでしょうか?
(1玉=4円)

Q3:回転率18/kのとき、1回転させるのに必要な玉数は何玉でしょうか?
Q4:回転率18/kのとき、1回転させるのに必要投資金額はいくらでしょうか?
(1玉=4円)

答え合わせは次回に続きます。

さらに、回転率の出し方について説明していきます。
コレまでの説明は、現金投資だった場合の回転率の出し方でした。
では、貯玉を使った場合の回転率の出し方はどうなるのでしょうか?
kanngaeru01
貯玉の表記の仕方もお店によってまちまちです。
単純に玉数を表記していくものから、金額で表示するものもあります。
金額で表示するものであれば、現金投資のときと考え方は同じです。

問題は、玉数表示の場合です。
4円パチンコの場合、1000円=250玉なので、
「250玉で何回スタートさせたか?」を計測していけば、

1000円あたりの回転率が計算できます。
kibodo01
では、質問です。

Q5:5000玉投資で、スタート回数が420回でした。1Kあたりの回転率は?
Q6:1スタート回転させるのに13玉必要な台の1Kあたりの回転率と、
200回スタートさせるの必要な投資金額は?(1玉=4円)

だんだん難しくなってきますね、
しかしパチンコで勝つ方法(台選び・コツ)で大切な説明ですので、
しっかり付いてきていただければと思います。

で、答えは次回です^^
さらに説明を続けます。
実際にパチンコを打っていれば、大当たりしますよね?

そうすると、出玉でスタートさせることもあるわけです。
このとき、どうやって回転率を出せばいいのでしょうか?
現金投資や貯玉を使っている場合は、投資玉数は正確に把握できます。

しかし、持ち玉、つまり箱に入っている出玉は流さない限り、
正確な玉数を把握することはまず無理ですよね?
しかし、実はある程度把握することができます。

patinko01
箱で計測します。
最初はザックリ1箱何発入るか?を把握するだけでもいいのですが、
ある程度パチンコに慣れてくれば、箱にきれいに玉を並べて入れてやることで、

1箱当たりの玉数をかなり正確に把握することが可能です。
コレができると、1箱一杯にならなくても、出玉の把握ができます。
この箱にきれいに玉を並べるというのは、こういう感じです↓
hako01

これは実際のパチンコ屋にある箱ではないです。
しかも、高さが無いので1段分しかきれいに玉を入れていません。
実際のパチンコ屋では1段目からこのようにきれいに入れていきます。

そして、2段目、3段目、4段目と入れていきます。
お店によって箱の形はまちまちなので、
各店舗できれいに積めて一度流して何玉入るのか計測する必要があります。

たとえば1箱4段まできれいに積めて流すと1500玉でした。
とうことは、1段 = 1500玉 ÷ 4段 = 375玉(1500円分)になります。

コレがきちっとできれば、
誤差は1箱あたり10玉あるかないかぐらいにまでの精度になります。
コレは地味ですがある意味、パチンコで勝つ方法(技術)です。

出玉把握とそれにともなって回転率を箱単位で計測していくことが可能になります。
この技術の習得には個人差があるので、地道に努力しましょう。
sukaipu01
では、質問です。

Q7:1箱1500玉入る箱が3.5箱あり、それを使って384回スタートさせました。
   1Kあたりの回転率は?

Q8:1スタート回転させるのに11.5玉使う台で、持ち玉として1箱1500玉入る
   箱が7.5箱あります。1000回目のスタートでようやく当たりが来ました。
   大当たり1回につき平均1800玉の出玉があります。

   猛爆して12連荘(大当たりが12回)しました。その後、運が悪いのか、
   出玉をすべて使い切りました。合計で何回スタートさせたでしょうか?
   また、回転率と出玉投資金額と、現金投資金額も答えよ。

難しいですね、答えは次回です^^
説明の内容を見てピンときてる方もいるかと思いますが、
「回転率の把握 = 投資金額を把握する」

ということになります。
今回の内容をしっかりマスターすれば、
プロ稼働にかなり近づいたことになります。

しっかり復習して、マスターしましょう^^
次回は、質問の答えあわせですね^^

初心者~上級者、グループ戦略までシビアな立ち回りにお勧め!

⇒「新くろべえのパチンコ塾」レビューサイトへ
0415_original

初心者必見!ビジュアル重視!全編動画でわかりやすい!

⇒「パチンコの教科書」レビューサイトへ
0413_original

ご意見・ご感想・ご質問についての問い合わせは。。。
⇒コチラjusin626@gmail.com

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ
にほんブログ村ランキングへ


パチンコ ブログランキングへ