どうも、かっつんです^^

 

今回は、

 

「パチンコの完全確率ってどういう意味?」

 

ことについて解説していきますm(__)m

 

動画による解説はコチラ

 

 

パチンコで言う完全確率とは?

 

大当たり確率というのは、
その台の大当たりの周期を実は表しています。

 

つまり、100分の1の台であれば、
初当りの周期は「100回に1回になる」
というスペックなのです。

 

この考えからだと、100分の1の確率なら、
300回、400回はハマっている台を狙えば、
初当りが軽いと考えてしまいがちですが、

初あたりの周期が100分の1になるというのは、
膨大な試行回数を経てえられる数字です。

 

前回300回はまっていたからといって、
今回すぐ当たるとは限らないのです。

 

パチンコは毎回決められた
大当たり確率で抽選が行われており、

ゆえにその確率が100分の1であったとしても、
100回に1回当たるとは限らないわけです。

 

つまり、100回に1回大当たりが
必ず来るわけではないのです。

 

しかし、不思議なことに、
膨大な試行回数で見ていけば、

大当たり確率に初当り確率が収束していきます、
というのが、大当たり確率なのです。

 

これを自分の都合のいいように解釈して、
ハマリ台を狙って打ってしまうのが、
ド素人的発想というわけです。

 

これで勝てるほどパチンコは甘くなく、
それなら誰でも勝てるということに
なってしまいます。

 
 
「でも、100回転しか回っていない台と、
 400回転の台なら、400回転している
 台の方が有利じゃないですか?」

 

確かに、パチスロのように大当たりの
スタート回数に天井がある台、

つまり、天井が600回の場合、
600回ハマリ時点で大当たりフラグが
成立していなくても、

自動的に大当たりするシステムの台の場合、
内部的にスタート回数を管理していますので、

誰が打っても確かに600回転目に
大当たりするので、その場合、

100回転でスタートさせるより、
400回転ハマリの台を狙って打った方が
有利という事になります。

 

しかし、パチンコはそうではないのですm(__)m

 

つまり、0回転目の大当たりの抽選条件も、
600回転目の抽選条件も同じです!
 
どちらの台を打っても、有利不利はないのです!

 

機種によっては、内部的にスタート回数を
記録している台もありますが、

だからといって、今が何回転目であっても、
大当たりの抽選条件は変わらないのです
m(__)m

 

変わるんなら、ハマリ台の方が当たりやすく
内部的に抽選条件がかわるなら、
そりゃー僕だってハマリ台を狙って打ちます!
(゚Д゚)ノ

 

しかし!残念ながら、大当たりの抽選条件は
変わらないのですm(__)m

 

「それでも、
 ハマっている台の方が当たりやすいでしょ?」

 

「え?逆になぜですか?」と聞きたいですね(;´∀`)

 

なぜかたくなにそう思っているか?

 

僕は想像してみましたm(__)m

 

その結果、、、
ひとつの思考パターンが見えてきました。

 

それは、他人がスタートさせた回転数が、
自分のモノになる、あるいは、

その現在の回転数が、
「ハマっている台に帰属する」と
勘違いしているのではないか?

という事です。

 

そういう方の思考はスゴク都合がいい
考え方になっていますので、
イマスグ強制した方がいいです。

 

大当たり確率100分の1の台で、
試行回数(抽選)を重ねてその確率に
収束させることができる対象は、

その「抽選を受けた人に帰属」します。

 

「抽選を受けた人だけ」です!

 

機械は、抽選を受けた人の結果を
出力しているにすぎませんm(__)m

 

単純に言えば、ゼロかイチかの結果を
出しているにすぎません。

 

機械は抽選を引いた人の結果を受けて、
当りであれば、大当たりを、

ハズレならハズレの演出を
出力しているにすぎません。

 

話を戻しますが、、、

 

まず、その600回転ハマリの台、
 
貴方が回したのか、
それとも、他人が回したのか?
 
一体どちらですか?

 

という話です。

 

他人が回した600回転は、
他人の試行回数であり、
貴方の試行回数ではありません。

 

他人の試行回数は自分の試行回数になりません。

 

それは常識的に考えて、
あり得ない事ですよねm(__)m

 

理由は簡単です(゚Д゚)ノ

 

あなたは抽選受けてないからです。

 

もう少しわかりやすく言うと、
宝くじで当てるには、
買わなければ当たりませんよね?(;´∀`)

 

つまり、宝くじの場合、試行回数にあたるのが、
実際に宝くじを買ってくじを引く、つまり、

宝くじで試行回数400回にしようと思うと、
400枚買わないといけないですよね?

 

1枚は試行回数1回でしかなく、
前の人が400枚買ったからといって、
貴方が試行回数400回にはならないですよね?

それと同じで、パチンコも、
実際に自分で通常回転を回して、

1回転が1試行回数でしかなく、
仮に400回ハマっている台を狙って打っても、
それは他人の試行回数でしかないという事です。
m(__)m

 

何度も言いますが、宝くじは、

抽選を受ける = 自分でくじを買う
400回の試行回数 = 400枚購入

 
となります。

 

で、パチンコでは、

抽選を受ける = 自分でスタートを回す
400回の試行回数 = 400回転のスタート

 
という事になります。

 

そして、投資を極力避けるため、

「抽選を受けない=通常回転を回さない」
という事は試行回数が積みあがっていかないので、
「ツキが収束しない」という事です。

 

この場合、どちらかに大きくブレる事になります。
ツキ負けするか、ツキ勝ちするかのどちらかです。

 

ハマリ台というのは、宝くじ的に言うと、
誰かが買った宝くじの外れ券の山積みを
見ているに過ぎないのです。

 

外れ券は外れ券でしかないので、
あなたの当たり券にはなりません。

 

ましてや、
貴方の試行回数にもならないという事です。

 

その宝くじを買ってくじを引いた人の
試行回数になるだけで、
貴方のモノにはならないのです。

 

もし、貴方のモノになるなら、
貴方は今現在収支がプラスに
なっているはずですm(__)m

 

だから、この記事も見ていない
「ハズ」ですm(__)m

 

勝ち組はこの記事を見ません。

なぜなら、僕がこれまでに説明してきた事を
すでに理解しているカラですm(__)m

 

まとめ

 

1.大当たり確率は大当たりの周期を表している
  通常状態であれば何回転目でも大当たりの抽選条件も同じ
  どの台を打っても、回転数での有利不利はない
 
2.他人の試行回数は自分の試行回数にならない
  他人が回した600回転は、他人の試行回数であり、
  貴方の試行回数ではありません。
 
  試行回数は抽選を受けた人に帰属し、
  台に帰属するわけではない。

 

 

さあ、次の勝ち組は貴方かも!?

 

僕がこれまで培ってきたパチンコで
勝ちしのぐための基礎知識とスキルをまとめ、
教材にしたのが、サラパチ講座(電子書籍)です。

 

実際にサラパチ講座を使って、
サラリーマンながら劇的な成果を
上げている人がいます。

 

また、どの様に僕のコンテンツを利用すれば、
サラリーマンでも最速でパチンコ負け組から
脱却できるのか?

 

その傾向もレポートしています。

最近の勝ち組認定取得者の傾向

 

では、また更新します。

 

かっつん

 

関連コンテンツとスポンサーサイト