haikieta
「ハイエナ?」バシッ!!
「ハイ、きえたw」byキンキン

 

どうも、かっつんですm(__)m

 

今回は、

「パチンコでハイエナ(ハマリ台)狙いの立ち回が一番いいのか?」

についてです。

 

動画解説

 

 

ハイエナ稼働には二つの意味合いがある!

 

まず、「パチンコのハイエナ」という
立ち回りに関しては、プロ的な意味合いと、
ど素人的な意味合いの二つがあります。

 

プロ的な意味合いとは?
潜伏確変狙いの立ち回り

 

 

ど素人的な意味合いとは?
回転数がハマっている台を狙う立ち回り

 

この2つに分類されますm(__)m

 

プロ的な意味合いの「ハイエナ」とは?

 

まず、プロ的な意味合いの
「潜伏確変狙い」について説明します。

 

パチンコ機には「潜伏確変」という
スペックが搭載されている機種があります。

 

パチンコ初心者の方にもいると思うので、
もう少し細かく説明していきます。

 

「確変」というのは、大当たり直後、
通常時の大当たり確率より、

より大当たり確率が高確率な状態になり、
連チャンしやすい状況を作り出します。

 

このことを総称して
「確率変動」と呼んでいます。

 

そして、
それを短縮して「確変」と呼んでいます。

 

つまり、その「確変が潜伏している」
というのはどういうことかというと、

 

見た目は通常時(電サポがない状態)だけど、
内部的には高確率な状態で抽選されている
状態ということです。

 

なので、通常時の台を打つより、
潜伏確変の台を打つ方が、
かなり有利な状態で打てる事になります。

 

大抵「確変中」は「電動チューリップ」
による「サポート」を受けることができます。

 

このことを「電サポ」と短縮して呼んでいます。

 

電サポ状態になると、

「電チュー(電動チューリップのこと)」が

パカパカ開いて玉が入るたびに
賞玉がもらえます。

 

なので、玉が減りにくい。

 

プロ的な意味合いでの
パチンコ稼動におけるハイエナの意味合いは、

 

「潜伏確変狙い」の稼動
すべてを総称して言います。

 

パチンコ潜伏狙いでもっとも有名で
確実なのが「朝一ランプ狙い」の稼動です。

朝一ランプとは?(パチンコ)

朝一ランプで月収26万の収益を出した稼動ノウハウを大公開!

 

ど素人的な意味合いの「ハイエナ」とは?

 

次に、ど素人的な意味合いの
「ハイエナ」というのは、
ハマリ台狙いの稼動です。

 

これは、単純にスタート回数が
ハマっている台を狙って稼動する
スタイルです。

 

大当たり確率が100分の1の機種の場合、
スタート回数が300とか、400回で
捨てられている場合、

これは3倍ハマリと4倍ハマリということで、
初当たりが早いだろうと考えて
そういう台を狙って打つ立ち回りです。

 

同じく、単純にゼロ回転の台を
避けて稼働する場合も、

「ド素人的ハイエナ狙い稼働」
と言ってもいいでしょう。

 

また、パチンコはパチスロと違って、
天井がありません。

 

通常時では、
スタート回数が何回転目であっても、
通常時の大当たり確率で抽選されます。

 

それが、突然パチスロのように、
高確率状態になったりすることは
ありません。

 

つまり、「ゾーン狙い」的なものも、
「ド素人的ハイエナ狙い稼働」に
分類されます。

 

一見、捨てられたスタート回数から、
何か意味合いを見出していて、

玄人的な立ち回りに見えますが、
ぜんぜん理論的な立ち回りではありません。

だから僕は、
「ど素人的な立ち回り」と言っています。

 

では、なぜ、「ど素人的な立ち回り」なのか、
については、別の記事で説明しています。

 

パチンコの完全確率ってどういう意味?

パチンコで早く大当たりするポイントやゾーンってホントにあるの?

 

プロ的なハイエナもイマドキはNG!?

 

で、話を本題の
「パチンコの立ち回りはハイエナが一番いいのか?」
に戻しますが、

ど素人的なハイエナの立ち回りに関しては、
有益な立ち回りではないことはすでにお話しました。

 

問題はプロ的なハイエナです。

 

潜伏狙い、特に朝一ランプだけを狙う
立ち回りだけで喰えた時代もありました。

 

しかし、現状ではこの立ち回りだけでは
喰えなくなっているのが現状です。

 

現実、僕も朝一ランプのみで喰ってた
時代がありましたが、今は喰えないですw

 

なぜかというと、潜伏確変を
搭載している機種でも、

打ち手に潜伏中であることが
わかりやすくなったことが第一に
挙げられます。

 

これは朝一ランプ職人にとっては死活問題です。

 

なぜなら潜伏確変状態とわかってしまえば、
誰も捨てないからです(←当たり前w)

 

つまり、当日潜伏も狙いにくく、

「パチンコではハイエナで稼げる状態にない」

というのがパチプロ業界の
認識として定着していますm(__)m

 

ときおり、潜伏機と呼ばれるような
機種も出てきますので、そういうときだけ、
朝一ランプ職人が元気を取り戻します 笑

 

イマドキだと、Jラッシュですかね。

 

でも、稼働率が悪いと基本、
朝一ランプは落ちにくいですw

 

朝一ランプとは?(パチンコ)

パチンコ朝一ランプ(画像・位置)まとめ

 

まとめ

 
 

プロ的な意味合い
潜伏確変狙いの立ち回り(朝一ランプ狙いの立ち回り含む)
 
徹底すれば長期スパンで勝てるが、
イマドキは朝一ランプが落ちにくい環境にある

 

素人的な意味合い
ハマリ台狙いや独自の理論でのいわゆる
ゾーン狙いや大当たりしやすいポイントを見極める攻略
 
 パチンコは完全確率で抽選されているので、
 その意味をしっかり理解すると、
 ハマリ台狙いやゾーン狙いなどは
 意味がないことが分かると思います。

 

※参考記事

パチンコの完全確率ってどういう意味?

パチンコで早く大当たりするポイントやゾーンってホントにあるの?

 

ハイエナ稼働の収益化の基本スタンスは、
「早く当てる」事を前提としています。

 

しかし、早く当てることができないから
四苦八苦しているのではないでしょうか?
(;´∀`)

 

そもそも、
早く当てなくても勝てる方法を考えれば、
初志貫徹が可能です。

 

最初に志したことは、おそらく、
パチンコで長期間トータルで収支を
プラスにする事だと思います。

 

考え方を180度変えることで、
違う答えが見えてくるものです。

 

そうしてパチンコに対する考え方を
180度変えた人たちの成果がコレです。

最近の勝ち組認定取得者の傾向

 

では、また更新します。

 

かっつん

 

関連コンテンツとスポンサーサイト