今回は、質問を頂きましたので、
お答えしていきます。

 

低換金のお店での稼働についての
質問になります。

 


スポンサーサイト


 

コンサル生からの質問

 

リトやれメンバーのファンファンさんから

おはようございます、ファンファンです。

最近、かっつんさんのブログの
サイトマップから昔の記事を見ています。

そこで自分が悩む事を答えてる記事が
あったのですが、記事が3年前のもので、

回答がYouTubeとのことで見ようと思ったら、
YouTubeの動画は削除されており、
見られませんでした。

見たかった記事の内容は以下の通りです。

 
 ラジオネーム:たこちゃんこさんから

 ・低換金店で貯玉の使用上限まで使った
  後は現金投資しない方がいい?
 
  質問があって、低換金の店は貯玉が1日
  に3000玉しか使えないんですが、
 
  3000玉使用したあと現金投資はしない
  ほうがいいのですか?
 
  換金ギャップがあるのであまり現金投資
  しないほうがいいのはわかっている
  のですが。。。

 
自分の場合はこの方と似たような環境ですが、
さらに厳しいのが2000玉が上限なのです。

この間、のほほんと現金を投資してたら、
初当たりが740回転まで嵌り6200円投資
してました。

そのあと運良く持ち玉遊戯が出来て、
2400回して何とか挽回して期待差玉8218玉
取れて良かったのですが、

運が悪ければマイナスの期待差玉だったと
思うとゾッとしました。

どこかで、高単価だから何とかなるだろうと
思っていた自分がいました。

かっつんさんが仮に自分と同じ環境の場合、
どのように稼働するのか気になり、
メール致しました。

宜しくお願い致します。

 

質問の回答とポイント

 

見ている方の中には初心者の方もいるので、
基本的な事から説明していきます。

 

読むのが面倒な方で音声が聞ける状態の方は、
音声で説明しておりますので、よかったら
お聞きいただければと思います。

 

音声による回答

 

まず、現金投資時には、換金ギャップが発生する事を理解する事

 

換金ギャップとは、貸し玉1玉4円で
(100円=25玉)で借りるが、

交換するときは100円=28玉とか、
100円=33玉とか、

借りるときと交換するときで
交換レートが違う場合、

現金投資すると、1玉4円の玉を使って、
1玉3.6円とか、1玉3円の玉が
出てくるのを待っているので、
差額が生じる。

 

この差額が生じることを「換金ギャップ」という。

 

よくある間違いで、
「交換レート=換金ギャップ」
と考えている人がいるが、

それは間違いで、
換金ギャップが発生するのは、

等価ではないお店で、
現金を使って遊戯しているときのみ
に発生する。

逆に、等価でないお店で遊戯していても、
換金ギャップが発生しない状態もある。

それが、持ち玉投資時と、貯玉投資時である。

換金ギャップは交換レートとが
貸し玉と違うときに常に発生するのではなく、

等価でないお店で、
現金を使って投資するときだけである。

 

なぜなら、、、

出玉&貯玉で投資した場合は、
投資する玉(1玉3.6円)と、

出てくる玉(1玉3.6円)は
同じ価値となるからである(等価)。

 

等価でないお店で稼働する場合、
「現金投資中は」換金ギャップが
発生することは理解できたと思う。

その上で、期待値を最大化するために、
なるべく換金ギャップが発生しないように
稼働することが重要である。

 

換金ギャップは
最終的な仕事量を出すときに、

その換金ギャップ分を期待差玉から
引かなければならない。

その際、確率が収束して手元に
残る期待差玉が減ることになる。

 

もし、期待差玉以上に
換金ギャップが発生した場合、
当然仕事量がなくなってしまう。

なので、今日1日の稼働で、
どれだけの期待差玉が手元に残るのか?

をその場で計算していくらまでなら
現金投資してもいいのか?

の計算をする必要がある。

 

計算した結果、現金投資できる
上限を決めておけばいいという事。

ここまでが基本的なお話。

 

簡単な換金ギャップの計算方法

4円28玉交換のお店

100円=28玉ー25玉=3玉

100円投資で換金ギャップは3玉という事。

500円投資=15玉

1000円投資=30玉

 

1円130玉交換のお店

100円=130玉ー100玉=30玉

100円投資での換金ギャップは30玉という事。

500円投資=150玉

1000円投資=300玉

 

※参考記事

パチンコ換金ギャップを期待値に反映させる計算方法

 

換金ギャップを踏まえた立ち回りの基本

 

1日の稼働時間でアドバイスは変わってくる

 

仕事帰りなどの稼働で、
1~3時間ほどの稼働の場合、

稼働時間が短いため、
稼げる期待差玉も少なくなる。

なので、なるべく換金ギャップが
発生しないような立ち回りをお勧め
しています。

 

1日フル稼働できる場合、
稼げる期待差玉も多くなるので、

換金ギャップを差し引いて手元に
残る期待差玉が見込める場合は、
現金投資していく事もオススメしています。

ただし、稼げる期待差玉以上の
換金ギャップになってしまう事だけは
避けなければならなりません。

 

短時間稼働メインのサラリーマンの換金ギャップのコントロールの方法

 

短時間稼働の場合、単価が取れたとしても、
換金ギャップに泣かされることは明白で、

基本貯玉再プレイで稼働する事をお勧め
しています。

しかし、貯玉のあるお店で投資上限に
達してしまった場合、どうすればいいのか?

そういう場合は、
そのお店で現金の再投入はせず、

新しいお店の開拓に
乗り出すことをお勧めします。

他にも単価の取れる台を置いて
くれているお店があるかもしれません。

 

また、ツキ負けている状態でなので、
早い段階で持ち玉になる可能性が高いです。

これは、「確率は収束するから」
という事で可能性が高いといっている
だけで、

必ず早く当たるという事ではありません。

ただ、
甘デジメインで稼働している僕の場合、

3000玉~5000玉
ツキ負けた状態の後は、

そのより戻しでドカンと出玉に
なることが多いですね。

 

この確率のより戻しを逆利用して、
新しいお店の開拓時に絶対に必要になる
現金投資状態を早めに終わらせ、

場合によっては貯玉しておけば、
貯玉があるお店がどんどん増えて
いきます。

 

そうなれば、
仮に投資上限になっても、

別の貯玉があるお店に行って
稼働すれば、換金ギャップが
発生しない稼働スタイルが構築
されていきます。

※換金ギャップでどれくらい
 ヤラレてるのかよくわかる参考記事

パチンコ貯玉再プレイ「した場合」と「しない場合」でどれくらい差が出るか?(初心者必見!期待値を上乗せするいろんな方法)

 

僕の場合

基本毎日フル稼働できるので、
質問者さん同様、そのお店で
現金投資すると思います。

ただし、薄い単価で稼働していた場合、
上記した通り、高単価の台を探しに
新規開拓に乗り出すと思います。

 

貯玉の仕様上限が2000玉なので、
その条件で毎回使い果たして
別のお店に行っていたら、

結果的に1ヶ月で稼げる総期待差玉が
目標に届かない可能性があるので、

現金投資の上限もあらかじめ、
決めておく感じですかね。

具体的には現金投資で
3000円までという感じです。

 

合計で5000玉投資で
終了した場合を撤退条件とし、

その段階で継続するか、
新規開拓に乗り出すか、
帰るかを決める感じです。

 

1日の稼働の流れで、
単純に5000玉負けといっても、
紆余曲折あってという事もあります。

つまり、6時間くらい稼働できる
場合もあるわけです。

そういう場合、時間的に店回りする
余裕がないとかの場合、
現金投資を増やして続行もあり得ます。

 

いずれにしても、その時々の状況に
合わせて柔軟に対応していく事になります。
m(__)m

 

ちなみに、お店周りはそんなに
頻繁に行わなくてもいいかなと
思います。

稼働しているお店の単価が十分なら、
週に1回とかのレベルで十分だと思います。
m(__)m

 

まとめ

今回のポイントは、

 

1)換金ギャップと期待差玉を計算し、最終的な仕事量を常に把握する事

 

2)稼働時間によっては換金ギャップ多すぎてが期待差玉があまり稼げなくなる事態も
  ありうる。

いかがでしたか?

 

短時間稼働メインでも、
貯玉再プレイでしっかり期待差玉を
最大化して稼ぐ立ち回りが可能となります。

こうして、普段の稼働スタイルによって、
立ち回りスタイルは変わってきますが、

基本として考えるべき事は、
いかにすれば現状で期待差玉を最大化
できるのかを考えて行動することで、

貴方の立ち回りは自然と勝ち組となんら
変わらない稼働スタイルと変化していきます。
m(__)m

 

勝ち組の基本的なパチンコ稼働スタイルは
「期待値稼働」という事になります。

僕自身もこの方法を学んで5年になりますが、
年間ベースでマイナスになったことは一度も
ありませんm(__)m

僕の期待値稼働の方法は、
基礎理論と応用を含め僕の
電子書籍で学べます。

また、この方法で学んだ人たちが
普通に勝ち組になってしまってます(;´∀`)

※参考記事

最近の勝ち組認定取得者の傾向

では、また更新します。

かっつん

関連コンテンツとスポンサーサイト