パチンコで期待値稼働を始めると、
色々と判断に迷う場面に遭遇します。

 

その中でも今回は、「ストローク」
について解説していきます。

 

パチンコでいうストロークとは?

 

ストロークというのは、
打ち出した玉の着地点の事です。

 

当たり前の事ですが、
打ち出した玉は消えてなくなるわけでなく、

 

ましてや常に着地点が
変わるわけではありません。

 

パチンコではハンドルを
右にひねって玉を打ち出しますが、

 

その時、ハンドルを動かさず、
同じ位置で打ち出しをすれば、
常に同じ力で玉が打ち出されるので、

 

結果的に同じ位置に
着地するという事になります。

 

そして、
玉の着地点によっては、

 

スタートチャッカーに入りにくかったり、
スタートチャッカーに入りやすくなったりします。

 

これは、実際に稼働データを
取ればわかる事なんですが、

 

パチンコ台は1台1台工場で
大量生産されるわけですが、

 

それでも、
【全て均一】というわけではなく、
台ごとで微妙な差があります。

 

それによって現れるデータに、
台ごとに違いが出てきてくるのが
イマドキのパチンコです。

 

1日打つとどれくらい玉を打ち出せると思いますか?

 

台ごとの差はごく微妙な差です。

 

少ない試行回数なら、
誤差の範囲で収まってしまうのですが、

 

残念ながら、皆さんが思っているより
1日打ちきるととんでもない玉数を
打ち出すことが可能です。

 

どれくらいかというと、、、

 

先日の稼働で僕は1日で
2万5千玉打ち出ししています。

(朝9時~夜7時くらいまでで)

 

これだけ打ち出ししていると、
当たり前ですが台ごとの差が
明らかになってきます。

 

だから「ストローク」を
「全く無視して」というわけには
いきませんm(__)m

 

その辺を踏まえてもらった上で、
僕の電子書籍を購入し、

 

ホンイキでパチンコでの収益化を
目指している方からの質問にお答えします。

 

Jさんからストロークについての質問

 

 

早速、本日も昨日の台を打ちに行きました。
 
夜の1時間位の稼働ですが、
お座り3回転で当たり、
その後も早め早めに当たって、
 
あまり通常を回せませんでしたが、
玉支出、玉収入共によろしくありませんでした。
 
単価もマイナスです。

 

なにより、ハンドルのバネが悪いのと、
上皿の玉の流れが悪く、
ストロークのバラツキだけでなく、
 
しょっちゅう打ち出しが止まってしまい、
物凄くストレスがたまります。
 
勝つには勝ったのですが、
この台を見切ろうと思います。
 
間違ってますか?
 
よろしくお願いいたします。m(__)m

 

 

わかりました。

では、音声を収録しましたので、
お聴きください。

 

音声でお答えします(´▽`*)

 

では、また更新します。

 

かっつん

 


スポンサーサイト