パチンコでツキが収束せず、
欠損をかなり喰らってしまっている場合、

 

何をどうやってツキを負けを
解消していけばいいのか、

 

経験が浅いうちは
見当もつかないことが多いです。

 

そこで、
何から手を付けていけばいいのか?

 

についてメルマガ読者から、
質問をいただきましたので、
答えていきたいと思います。

 

ただし、過去に自分でもよく作っなと
思える音声付きの記事がありますので、

 

そちらを紹介いたします。

 

で、質問内容は以下の通りです。

 

ポンタマさんからの質問内容

 

こんばんはポン玉です。
単価2の台を見つけ通常回転数2500ほど回してるんですが、
ヒキが悪いのか214ラウンド獲得で総投資玉数27000程になりました。

まだ貯玉が40000発あるので救いですが、
ハマりが多く、しかも今日は単価1.2に下がり
少し怖くなってきました。

確率の収束があることは頭では理解しかけているのですが、
その経験がないので、いづれそれ以上に返りがあるのかが、、、不安です。

かっつんさんの一言がほしいです(笑)

 

 

という事で、ポンタマさん、
質問ありがとうございましたm(__)m

 

ツキ負けは誰にでも襲い掛かるという現実

 

実は、ポンタマさん以上に
ツキ負けていたんですよ、わたくしw

今年(2017年)の
4月~5月の2か月間です。

 

詳細はコチラ↓

「5万玉近く引き負けている現状」に ついてです(;゚Д゚)バカヤロー‼

この記事を作ったときはツキ負けが
いつ解消するかどうかなんて
分かっていませんでした。

 

しかし、そういう状況でも、
こういう記事を書いて、

 

さらにその後、
【ツキ負けを克服するために成すべき事】を
3つの動画に分けて、お話をしています。

 

まあ、僕は2014年の1年間、
通常回転を1日2000回、
まわさないと帰れまテンを
マジでやってた経験上、

 

ツキ負けはいずれ収束することが
分かっていましたので、
対処方が書けたという事ですね(;´∀`)

 

【ツキ負けを克服するために成すべき事】

 

期待値稼働のリスクについて

 

期待値稼働のリスクについて(第2回)

 

期待値稼働のリスクについて(第3回)

 

という事で、
いかがだったしょうか?(´▽`*)

 

では、また更新します。

 

かっつん