cropped-image3.jpg
ブログ村ランキング

スポンサーサイト


シリーズ「朝一ランプ・実践編」の最後です。
職人として、今後あなたがどういう行動をとるのか?
私には非常に興味があります。。。。

(9)朝一ランプの向こう側

朝一ランプ職人として、
朝一ランプ稼働だけで期待値が20万を超えてくると、
当然さらなる高みを目指すことになります。

高みとは正攻法で勝ち凌げるパチプロだったり、
セミプロかもしれません。
「正攻法のパチンコで時給2000円とかスゴイ!もっと稼ぎたい!!」

それもいいと思います。
でも、勝てるようになると、
そんな肩書きなんてどうでもいいと思うようになります。

パチンコでの勝ち方は所詮確率論で、
理解できれば誰でも勝てます。
期待値の考え方が分かれば、誰でも勝てるのです。

<そこに未来があるのか?>

朝一ランプ稼働での稼ぎの限界は、
期待値ベースで30万くらいではないかなーと思います。

強力なライバルもいなく、大型店が多く、
客付きも良くてお店の経営体質も良好。

「朝一ランプ?なにそれ?」by優良大型店店長
そんなお店がライバル店と競り合ってたりすると、
もっと拾えるかもしれません。

しかし、今のご時勢、
なかなかそういう感じではないと思います。
地域的な差もあると思います。

最近はスロットの状況が芳しくなく、
高設定はもちろん、
ハイエナもきつくなっている状況です。

おそらく、パチンコ、スロットの平均期待値というものは今後、
相当お客さんが増えるなど何か大きな変化がない限り、
ドンドン下がり続けていくでしょう。

そうして、喰えなくなる人が今まであまり見向きもしなかった
朝一ランプにも目をつけてきます。
このときかなり競争が激化するのは目に見えています。

今、喰えるときに喰っておく。
最後のしのぎの残りカスを、自分は享受しています。

結論として、パチンコでの稼ぎ、しのぎというのは、
いつまでも続けれるものではないと思います。

ここで再度あなたにお聞きします。
「あなたにとって、パチンコとはなんですか?」
「稼ぎの手段である」と答えたあなた。

ホントに稼げるようになったら次の収入源を模索すべきです。
稼げてるうちに、行動すべきです。ダメになってきたら、
あなただけでなく、みんなダメになってきます。

そうなると、次にほかの事を始めるにしても、
市場が狭くなってライバルが増え、かなりキツイ状況になります。
最悪の場合、またアルバイト生活に逆戻りになるかも知れません。

「娯楽だ!!」と答えたあなた。
娯楽の延長で勝てるほど甘い娯楽でもなくなってきています。
遊戯人口は減る一方なのに、業界の売り上げはそこまで減っていません。

どーいうこと?とw
つまり、客単価が上がっているということです。
一人のお客様から回収する金額が増えているわけです。

そこで見え隠れするのがMAX機の急増です。
初当たりが重い。1000回転のハマリ当たり前。

「コレがダメだ」ではなく、現実こういう流れになっています。
パチンコ屋で2時間遊戯するのに必要な金額と、映画などを見に行った
金額を比べれば、あきらかに娯楽の域を超えているのが分かります。

娯楽といわれているけど、すでにそのレベルを逸脱している現実を直視し、
プロ的な立ち回りで日々の勝ち負けに左右されず、
強い意思でトータルで勝ちしのぐことを娯楽と考えられる方なら、

「娯楽だ!!」

と、言い切って続けることができると思いますm(__)m
自分はパチンコを収益のひとつと考えていますが、
「コレだけで」とは考えていません。

今考えられるポストパチンコは、ネットビジネスだと思います。
やはり、高度に発展したネット社会が今後衰退、消滅することは考えられません。
なぜならなくてはならないインフラと化しているからです。

ネットビジネスが本格化するのはまだまだ先です。
アフェリエイトやネットビジネスは終わったという人がいますが、
世代間の認知度や使用頻度を考えても、ネットが衰退する理由がありません。

全国化する市場を相手に、
ネットビジネスで生計を立てる人は今後もっと増えるはずです。
その中に自分も近いうち入っているといいなと思います。

あなたはどう思いますか?

では、また更新します。
ありがとうございました。

ご意見・ご感想・ご質問についての問い合わせは。。。
⇒コチラjusin626@gmail.com

スポンサーサイト